錯視

ものの数秒で精神状態を評価することができる?

これほどまでにネットユーザーの関心を引き、感情を揺さぶった画像があったでしょうか。

日本の優れた科学者が作った心理テストをご紹介します。この有名なテストの製作者は山本教授。ものの数秒で精神状態を評価することのできる方法を開発したのです。

Credit:dimajadid

そのために必要なのは、この画像を注意深く見ることだけ。それだけですべてがわかるのです。

人によっては、疲れていたりストレスを感じていたりすることが明らかになるでしょう。

あなたの手で、あなた自身を診断してみましょう!

この静止画は日本の神経学教授山本氏が制作したものですが、この画像によれば、

  1. 画像が動かないか動いてもほんのわずかでしかない場合、あなたは健康ですが、眠気を感じています。
  2. 画像がゆっくりと動くような場合、あなたは少し疲れています。
  3. 画像が絶え間なく動き続けている場合、あなたは過度にストレスを感じており、精神的な問題を抱えてしまっているかもしれません。

しかしフェイスブック上では、この画像に対して、ほとんど同じ内容のコメントが大量に寄せられていました。「この画像が動いて見えるから、自分には何か問題があるんだ」

落ち着いて。「神経学教授の山本氏」など存在しないことが分かりました。もちろん、「山本教授」はこのありふれた錯視の作者でもありません。

ただしこの画像は本当にGIF画像ではなく、それぞれの動きは私たちの頭の中で起きているにすぎません。

これは科学的に説明できる錯覚であって、精神的な問題の証拠となるようなものではありません。健康な人であれば、誰でも動いて見えるはずです。

reference:dimajadid

PAGE TOP